この記事をシェアする

マイホームを買うための費用

物件の本体価格を知ろう

気になった物件を見つけたら、本体価格を調べてください。
もちろん購入する時はそれ以外の費用も必要になりますが、最も基本的な費用になるのは本体価格です。
新築物件であれば、3000万円ほどになるケースが多いです。
高額に感じますが、綺麗な新築物件を見つけるとこれから何年も暮らすことができます。
中古物件を選択すると、購入してすぐ不具合を感じるかもしれません。

するとリフォームをしなければいけないので、工事費が発生します。
大きな出費が増えるので、あまりお得とは言えません。
本体価格が高くても、綺麗で丈夫な新築物件を選択しましょう。
新築物件でも、2000万円ほどで購入できるところがあります。
いろんな新築物件を見てください。

金融機関に相談しよう

自分が持っている貯金だけで新築物件を購入できる人は、ほとんどいないと思います。
大抵は資金が足りないので、金融機関に相談することになります。
お金を貸してもらう時は、融資手数料が発生します。
2万円から5万円と、金融機関によって変動することを忘れないでください。
そのため
適当に金融機関を選択してはいけません。

費用を抑えたいなら、できるだけ融資手数料が安いところを選んだ方がお得です。
ただし、融資を受けるには申請と審査が必要になります。
審査を受けて、返済できると認められた人だけが融資を受けられます。
融資手数料が安い金融機関は、審査が厳しいことが考えられます。
審査を通過する条件や、コツを調べてから申し込んでください。