この記事をシェアする

税金をきちんと納めよう

ローンを申し込もう

一括で新築物件を買う時の費用を支払えないでしょうから、ローンを組んでください。
その際に、金銭消費貸借契約書に印紙を貼ります。
印紙税が大体2万円程度になります。
さらにローンを組む際は、登録免許税も発生します。
10万円ほどになると覚えておくと、間違いではないでしょう。
複数の金額が組み合わさって、大体10万円になります。

登録免許税の内容は、土地の所有者を変えるために6万円ほど、新しい建物を登録するために2万円ほど、住宅ローンを設定するために同じく2万円ほどが発生する仕組みになります。
これら全て、登録免許税に含まれます。
難しい内容ですが、司法書士に任せれば書類の手続きなどを進めてくれるので安心してください。

難しい手続きを代わってもらう

固定資産税など、他にも難しい税金が発生します。
税金を納める際は手続きを済ませなければいけないので、初心者はこれだけたくさんあると混乱してしまうでしょう。
司法書士に代わりに手続きを進めてもらえるので、依頼しても良いと思います。
その際は手数料が発生します。
10万円ほどの手数料ですが、支払ってでも司法書士に任せた方がいいでしょう。

税金は、非常に重要な部分です。
間違えて手続きを進めると、もう1回やり直さなければいけなくなります。
面倒な手間が増えますし、無駄な費用も発生するので絶対に間違えないでください。
また、手続きには時間が掛かります。
他にもやらなければいけないことがある人は、司法書士に任せた方が良いです。